税金が減額される|ふるさと納税を納めよう|魅力がいっぱいな制度

ふるさと納税を納めよう|魅力がいっぱいな制度

食材

税金が減額される

風景

ふるさと納税といった制度を耳にしたことがあるという方は多くいるでしょう。納税と掲載されているため、新たに税を納めないといけないものと思われている方もいます。ですが、この制度は新たに税金を納める制度ではなく、任意で行うことができます。ふるさととなっているため、自分が住んでいるところや生まれ育ったところに納めるものという方もいます。ですが、ふるさと納税は自分が応援したい地域を選ぶことができ、そこに寄付金として納められます。納められた寄付金は地域を活性化させるために使われ、地域に貢献できるでしょう。ふるさと納税は、地域貢献ができる制度だけでなく、納めることによって、所得税や住民税の金額を控除することも可能性です。2000円を超える部分であれば、一定の限度額まで控除されます。ふるさと納税をはじめて、控除を受けるのであれば確定申告を行っておきましょう。税金の減額を受ける際は、ふるさと納税をはじめた際の翌年からの適用になるので注意しておきましょう。

ふるさと納税として納めて確定申告をしておくことで、納めた金額から90%の住民税減額できます。45000円を寄付した場合、控除を受けると38700円はお金が返ってきます。また、所得税としては納めた額の10%になり、確定をした後の一か月後に自分の口座に振り込まれます。税金の減額を受ける際には、領収書や明細書を保管しておきましょう。領収書などは確定申告を行う際に必要になります。それを紛失してしまったら税金の減額を受けることができません。ですので、捨てずに保管しておきましょう。